スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Proco RAT -鼠的爆音器-

2012042916550000.jpg

ジャズマスターを買ったので、シングルコイルに合う歪みが欲しいなと思い、Proco RAT(前期型)を自作しました。
今回はGarrettAudioのType66ケースを使い、BOSS風の見た目に仕上げてみました。
歪みと言えば赤のLEDかなと。
MODも結構出回っていますが、面倒臭かったのでオリジナルの定数で製作しました。
以前店で後期型(ICがOP07)をちょこっと弾いたことがあるので、
オペアンプの違いでどう音が変わってくるのかも気になりました。

レイアウトはこちら
ローマ数字は対応するポットの端子番号です。
図は基板実装面でない方から見たものです。
良く言及されますが、出力段のFETによってかなり音が変わるようです。
他の数個のFETも試しましたが、いまいち気持ちよく音が伸びてくれないので、オリジナルの2N5458で安定かな。

肝心なICでの音の違いですが、
まあどっちもRATのベクトルから外れてないなあって音です。
私の馬鹿な耳では良く分かりませんでした。
やっぱりRATの歪みはシングルコイルにドンピシャですね。
丁度良く高域が暴れてくれるので楽しいです。
ちょっとノイズは多めですが…
スポンサーサイト
プロフィール

Migitani

Author:Migitani
活動休止中です。

※このブログに掲載されている画像・文章の無断転載はおやめ下さいませ。エフェクターの自作は自己責任で行ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。