スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製図

最近友人からもエフェクターの製作依頼が多くなり、
またGarrettAudioのType66が販売終了を迎えたこともあって、
そろそろMXRサイズのエフェクターに乗り換えねばならんと思ったのでフリーのCADソフトで製図を描いてみました。
CAD図面をPNGにしてみましたが、原寸のままというわけには行かないようですね。
EffectorMXR_3potsa.png
採寸の元になったケースはGarrettAudioのsizeAです。
一応ですが採寸元のパーツをリストにしておきます。

・LED(3mm)
・16mmポット(ネジ部径7mm)
・モノラルフォン/ステレオフォンジャック(9mm)
・フットスイッチ(3PDT/ネジ部径12mm)
・DCジャック(13mm)

最下部の長方形は9V電池です。
私は電池でエフェクターを稼働させることはまずありませんが、友人達はその限りではないので…。
基本的に各円の中心は十時に交差している部分です。
センターポンチで凹ませてからドリルで穴開けします。

穴開け済みのケースを買ってある程度それに習って採寸したので大丈夫だとは思いますが、
この製図を使っての穴開けはまだしていないのでこれで本当に大丈夫かといわれると微妙です。

とりあえず新たに一台作ってみて、それから修正していこうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Migitani

Author:Migitani
活動休止中です。

※このブログに掲載されている画像・文章の無断転載はおやめ下さいませ。エフェクターの自作は自己責任で行ってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。