スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    MSE Moral Break Distortion Mk.I(備忘)

    私が初めて製作したギターエフェクターであるMoral Break Distortion Mk.Iですが(Mk.IIは悲しい事情で永久欠番)、最近もう一度引っ張り出して弾いてみると、コレが結構いいんですよね。
    ジャズマスの導入でお蔵入りしたのですが、ジャズマスのPUをパワーのあるものに載せ替えたこともあり、
    ちょっと勿体なく思えてきたのでもう一度当時の回路図からレイアウトを起こしました。

    レイアウトはこちらこのレイアウトでの製作はしていないので動作保証は出来ません)。
    勘がいい方はぴんと来たかも知れませんが、何を隠そうこのMoral Break DistortionはMXRのDistortion+をちょっとModしたレベルのものです。
    もう、ほぼDistortion+です。
    でも不思議なくらいこっちのほうが音が好みなんですよね。本家より。

    回路的には一番簡単なDistortion回路と言ってもいい王道の作りです。
    ICはNJM4558Dを使っています。DXランクでは音が歪みすぎ、DDランクでは音が堅くなりすぎると思います。
    まあデュアルICの片方のアンプしか使用していないので、シングルICでも製作は可能です。

    C1は高周波除去用のコンデンサなので、特性のいいセラミックコンデンサを推奨します。
    C4も出来ればセラミックコンデンサがいいかと思います。
    平滑コンデンサは47µFとそれなりに大きめの数値ですが、それでもハムノイズが乗るようであればもっと大きい値のものを使ってください。

    クリッピングは1N914Aの対称です。独特な粒の細かさが好きでコレにしていますが、もっと音を荒々しくしたい場合はゲルマの1N60などを使用してください。
    LEDもクリッピングに使えます。ただし、元々堅い音がさらに堅くなるのでそのあたりご留意を。
    順方向電圧が0.2V~0.7Vのダイオードなら大体互換性があると思います。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Migitani

    Author:Migitani
    活動休止中です。

    ※このブログに掲載されている画像・文章の無断転載はおやめ下さいませ。エフェクターの自作は自己責任で行ってください。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。